HOME > 経営の想い

目指しているのは、「第二の我が家」

谷川温泉は、名峰谷川岳を眼前に眺望できる立地にあり、自然を満喫できる環境は、古くから多くの文人墨客に愛されてきました。
その中で、当館は文豪太宰治が執筆活動を行った旅館として、文学愛好家の方に知られています。

当館の経営方針は『お客様にとっての「第二の我が家」であること』。それは、故郷に帰った時に、多少無理なお願いも、笑いながら快く聞いてくれる家族のような『NOと言わないサービス』の実践だと考えております。
「ほっとする笑顔」と「家族を出迎えるようなおもてなし」で、 皆様のお越しをお待ちしております。

幼き頃、母親に抱かれたかのような温泉

「谷川岳の麓」に谷川温泉はございます。
江戸時代からこんこんと湧き続けているこの温泉は
弱アルカリ性単純温泉で肌に柔らかく、長く湯船に浸かっていると「幼い頃、お母さんに抱かれていたときのような感覚」になってきます。

大浴場、露天風呂、貸切露天風呂と6つのお風呂に当館自慢の足湯を加え、7つの温泉をお楽しみ頂けます。
それぞれに、趣を変えたお風呂の源泉温度は43℃と若干低いので、のぼせることなく、ゆっくりお風呂をお楽しみ頂けます。

「身体の芯からポカポカと温まり元気になる」とお客様からご評価頂いている当館の温泉を、ぜひご堪能ください。

郷土ならでは味覚を活かした和風創作会席

お客様を「おもてなしの心」と「笑顔」でお迎えし、 ご滞在中は、癒しと寛ぎの時を過ごしていただきたい。
そのために私共スタッフは、お客様とは厳格に、かつ フレンドリーに接することで、お客様に 「第二の我が家」として真にお寛ぎ頂くことを目標としています。

お風呂も、お部屋も、お食事も、スタッフの対応も、 ご滞在中の空間を創り出すすべてのものが、お客様にとって 「気持ちがいい」と感じて頂けるものでありたいと考えています。

お客様がご自宅にお戻りの後も、「また来たい」と思って頂けるよう、 お客様に再びお会い出来る日のことを楽しみに、 これからも誠心誠意努力をしてまいります。

郷土ならでは味覚を活かした和風創作会席

名峰谷川岳を仰ぎ見る谷川温泉は、眼下には清流谷川が流れ、水源に恵まれた日本有数の豪雪地帯にあります。
この豪雪地帯での生活から生まれた郷土料理は、山川の幸を中心に、長年愛されてきた伝統の味であり、そこに生きた先人の歴史そのもの。

当館の和風創作会席は、厳選した旬の食材を使い、郷土ならでは味覚を活かした季節感あるお料理をお出ししています。

「今まで味わったことのない」けれど「どこか懐かしい」、郷土の味で、皆様のお越しをお待ちしております。

ベストレート保証

家族で楽しむ3つのポイント

谷川岳フォトギャラリー

太宰治ゆかりの宿

経営の想い

メディア掲載情報

水上観光MAP

群馬温泉時計

旅色に紹介されました

旅色に紹介されました

CopyRight© 旅館たにがわ. All rights Reserved.