HOME > 太宰治ゆかりの宿

「走れメロス」・「人間失格」で知られる文豪:太宰治ゆかりの宿

佐藤春夫・萩原朔太郎らと共に「日本浪漫派」に属し、「走れメロス」「斜陽」や「人間失格」など流行作家として活躍した太宰治。
昭和十一年にパビナール中毒の転地治療を川端康成に勧められ、当館の前身である谷川館に一ヶ月近く滞在しており、その滞在中に「創世記」を執筆しました。

谷川温泉の空気と水は、身も心も洗い流すほどに澄み、谷川の渓谷と谷川連峰の眺めは太宰治ならずとも、文学的な想像を掻き立てる絶景です。太宰治が文学作品としてこの地を舞台にした作品を残したくなるほど気に入った『谷川温泉』が今日も皆様をお待ちしております。

太宰治ミニギャラリー

太宰治は、昭和十一年に谷川温泉の谷川館(現在・旅館たにがわの駐車場)に滞在し、「人間失格」を書く引き金となった「創世記」を執筆。名作「姥捨(うばすて)」では、この谷川館の老夫婦と水上温泉郷が舞台に取り上げられています。 館内には太宰治文学資料室があり、本類三十部、 石碑はもちろんのこと写真集や、山崎富栄、小山初代さんなどの資料や、太宰治が使用していた定期券などの貴重な品々もあり、その一部は手にとってご覧いただけます。このギャラリーの和室部分は、太宰治が当時宿泊した川久保屋の部屋を再現したものです。

ベストレート保証

家族の宿

みなかみダムカレー

谷川岳フォトギャラリー

太宰治ゆかりの宿

経営の想い

メディア掲載情報

水上観光MAP

旅色に紹介されました

旅色に紹介されました

CopyRight© 旅館たにがわ. All rights Reserved.